今日は商標キーワードについて、
僕なりに定義します。

商標キーワードって
CVしやすいですよね?

これは半分は正しいし、
半分は間違いです。

CVしやすいと言えばしやすいけど、
インプレッション自体が案件によっては
めちゃくちゃ多い訳でもないし、

なにより、競合が参入しやすい・・
そして特単も出にくい所があります。

だいたい3か月~6か月で
月100万が稼げると言われている

サイトアフィリやリスティングの塾は
高い確率でほぼこれです。

昨今、リスティングアフィリでの
商標展開はだいぶ厳しい傾向にあります。

ここからが重要なのですが
商標キーワードを打つ人でも、

色んな気持ちを抱えていますから
自分が思っているよりも

決まらない月も多々あります。

月や時期によって購買意欲を
持っている数は違いますし

リサーチマニュアルでもお話した通り、
そもそも何を競合にしているのか
調べないと分からないので、

サイトアフィリだろうが、
リスティングだろうが
商標の場合でも、

どの層を集めるのか?を
ちゃんと決めることです。

それ以外の層は捨てるぐらいの
覚悟を決めてサイトを作る。

例えば、プロアクティブに
取り組もうとするのならば、

たとえ商標だとしても、
その中のどの層をメインにするのか?

ここをしっかりと決めて
地道に戦った方が良い

なによりキーワードだけを見て
サイト構成を描かないことです。

うまくいかない中で強者の戦略をすると
自分が何をやっているのか?
分からなくなります。

で、商標で30万以上を狙うのならば
月3万ぐらい稼ぐ媒体を

10サイト前後ぐらい生み出す方向で
動いた方がいいので、

どうしても横展開が必要になります。

1サイトのみで簡単に10万から
100万などは敷居が高いので、

あえてこういう表現でお話をしています。
(ブランドサイトは別です)

その為にテストとして作ってみないといけない数は
だいたい10倍は必要かなと思います。

そもそもの作業が苦じゃない方は、
ひたすらこの手の作業を続ければ

やがて100万の壁は越えられるはず。

ただ僕はやりませんし、推奨もしませんが、
稼げる実感は出来ます。

なぜ、僕がやらないのかと言いますと
商標の量産はアービトラージの世界だからです。

簡単に言ってしまえば、
ライバルが増えてきたら
参入をやめて

別の案件、そのまた次の案件と、
次々と増やしながら

利益を得るしかないやり方だからです。

あと、あまりアフィリエイターとして
成長することが出来ません。

こういう時代でもありますので
商標での上位表示もやめてくれと
さきざきなってくる恐れもあります。

なので、商標での展開になれたら
関連キーワードからの水平展開に
少しずつ移るといいです。

今見ている現実や起こっている問題は
今ある知識からしか見えません。

何が悪いのか?それが分からない方は
もっと基礎の部分に焦点を合わせてください。

ひょっとしたら基礎を学ぶ時間が
足らないのかもしれません。

ちゃんと基盤があって応用などが
はじめていきてきますからね。